2015年 発想を変えてみよう 

「忍一時風平浪静、退一歩海闊天空」 一時の我慢で、風が穏やかになり、波が静まり、 一歩退けば、視野が広がり、海が果てしなく見え、空がひらける。 状況や考え方が行き詰まったとき、思い込みのままにすぐに白黒をつけずに、別の発想をしてみれば、気持ちが穏やかになり、世界観が広くなり、道が開き、良い解決方法が見つかります。 衝突が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

中国飛蝗四海為家: 飽くなき自己利益の追求に各地で反発の声

今の20代の社員は『海外駐在は嫌』だという。そのくせ、日本での毎日に「希望が持てない」ともいう。そうした引きこもりの日本の若者とは対照的に、中国人は「チャンスあり」と見れば積極果敢に外国へ出ていく。先頃まで爆撃を受けていたパレスチナのガザにさえ、商店を開く中国人がいるらしい。 中南米やアフリカの資源国はもちろん、パナマやオランダ等…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

『夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神』 ~おカネとどう向き合うか~

先日、水野敬也さんの『夢をかなえるゾウ』を読んで、当ブログに書いたが、年末には、その続編『夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神』が発売されていたので読んでみました。 今回のテーマは「おカネとどう向き合っていけばいいか」です。ガネーシャは相変わらず自分勝手で傍若無人なキャラクター、さらに貧乏神や釈迦も加わり、大笑いしながら楽しめる…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

いま一度、日中で漢語の意味を再考すべき

中国は、官僚や資本家による不正横行、貧富の差拡大、言論弾圧が強まり社会の矛盾は臨界点に達している。マルクスによると、こういう状況が続けば、「共産主義革命」がおきると言う。そのとき、プロレタリアートの敵は「共産党」となろう。ここに矛盾が生じる。「共産党」の看板は偽りだからだ。確かに初期の中国共産党は労働者や農民を代表する革命政党であった。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

夷を以て夷を制す-中国人の伝統的な外交政策 

『夷を以て夷を制す』とは、外国を利用して他の国を抑え、自国は戦わずに利益を収め、安全を図ろうとする中国の伝統的な外交政策。三国志は言うに及ばず、近代においても、この中国の外交戦略は日中戦争、国共内戦、米ソ冷戦など至る所で見られる。 竹島をめぐる日韓の対立、北朝鮮の挑発も、中国にとっては、対米戦略のひとつとしての『夷を以て夷を制す』る…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

【エッセイ】 ~自己の生を肯定して たくましく生きる~

中国はけしからん。韓国とは縁を切れ。 ネットではこのような書き込みが頻繁にされる。もちろん、どんな国にも、「いい人もいるし悪い人もいる」。そんなあたりまえのことはわかっていても、そしてメディアに煽られていると感じながらも、感情の動物であるヒトはなかなか合理的には考えられないものだ。 そもそも善悪とは一体どのように決めるのであろう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

習近平版 清貧の思想 ~華美な慣行や無駄な形式主義はやめろ。節約しろ!

中国の習近平国家主席は12月4日、中国共産党中央政治局会議で「工作作風と群衆と密接な連携の改善に関する8項目」をぶちあげ、政治的キャンペーンをおこなっている。幹部群衆の願望を反映したもので、中央が断固として節約を励行し、浪費に反対する、.というもの。 これまでの成果としては、書類袋が布製から紙製になったとか、ペンは1本までとか、宴席を…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本人には古来より受け継いできた行動規範があります

我々には誇るべき行動規範があります。 <12の徳目> 1.親に孝養をつくしましょう(孝行) 2.兄弟・姉妹は仲良くしましょう(友愛) 3.夫婦はいつも仲むつまじくしましょう(夫婦の和) 4.友だちはお互いに信じあって付き合いましょう(朋友の信) 5.自分の言動をつつしみましょう(謙遜) 6.広く…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

都市間競争の時代 - 新生日本も「淡路島」から生まれるか

都市の活力の源泉は、ヒトの集積である。人を惹きつけてやまない魅力ある都市にモノ・カネ・情報が集まり、都市に集積した人材、生産力、創造的スキル、知恵、才能などによる「多様性」は、新たな創造を生み、大都市の発展とそれによる国の経済成長の原動力に繋がっていく。 国家の力は、そのままその成長の中心となる大都市の持つ力の優劣で決まる時代に突…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ガネーシャと西川きよしに学ぶ - 小さなことから実践しよう

『夢をかなえるゾウ』(水野敬也著 飛鳥新社2007)を今頃になって読んでいます。ごく平凡なサラリーマンが「神様」を名乗る謎の生物・ガネーシャの指南によって自らの人生を変えていく物語。2008年10月には、小栗旬が主役となり、テレビドラマ化もされている。 仕事でパッとしない主人公が、象の姿をしている神様ガネーシャと契約し、課題ができ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本も韓国、朝鮮も 歴史を共にした事実を認めよ

大日本帝国は朝鮮総督府を通じて、朝鮮地方に対して、次のような政策を実行した。                                               水豊ダム <<封建的諸制度、因習の廃止・禁止>> ・身分制度とそれに伴う特権や差別の廃止 (身分制度廃止令は併合前だが、実際は後…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【中朝韓 必見】自衛官募集の萌えポスター!これが軍国主義の国か?

Wanted posters Self - Defense Forces Personnel 日本自卫队员招聘海报 ●何とも平和な日本らしい「自衛隊隊員募集ポスター」ですね。 連日、尖閣周辺の中国漁船・艦船や北朝鮮ミサイル発射の報道がされており、政府と自衛隊は日本国民…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

Think different.

クレージーな人たちがいる 反逆者、厄介者と呼ばれる人たち 四角い穴に 丸い杭を打ちこむように 物事をまるで違う目で見る人たち 彼らは規則を嫌う 彼らは現状を肯定しない 彼らの言葉に心をうたれる人がいる 反対する人も 賞賛する人も けなす人もいる しかし 彼らを無視することは誰もできない なぜなら、彼らは物事を変え…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ノモンハンの教訓に学べない福島原発事故

ちょっと古いが、産経が原発事故後に、ノモンハン事件を例に原発事故を明確に解りやすく解説してくれている。 ≪ノモンハンに似る福島の戦い≫ 1939年に、満州国(現在の中国東北部)・モンゴル国境のノモンハンで、日本の関東軍と旧ソ連軍が戦った。双方とも2万余の死傷者を出して停戦になったが、ソ連軍指揮官のジューコフ将軍は敵の日本軍につい…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ハローワーク・人材派遣会社・架空求人対策

求職における生々しいアドバイスを見つけたので引用します。これが現実です。厚労省には騙されないように! http://musyoku.com/bbs/view/1080566776/#bt 今後、ハローワーク、新聞、就職情報誌、またインターネットのしごと人材ネット他各就職情報検索サービスを利用する際、是非御参考にされますよう、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シャープ、脱「アップル依存」へ危険な賭け サムスンにもパネル

シャープが韓国サムスン電子から約3%の出資を受け入れる。液晶パネル工場の稼働率低迷にあえぐシャープは、アップル―鴻海(ホンハイ)精密工業連合との提携を軸に再建を目指してきた。アップルの最大のライバルであるサムスンとの協業は背水の陣とも言えるが、アップルビジネスへの悪影響はないのか危険な賭けでもある。 シャープは亀山第1工場(三…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

わが身を正すことで勝ち、国を治めることでも勝ち、民を養うことでも勝ち、世の秩序を保つことができる

剣豪宮本武蔵の「五輪書」より: 右の一流の兵法の道を朝に夕に鍛錬することで、自然と広い心になって、多人数対多人数、一対一の兵法として後世に伝えることを初めて書き表したのが、地水火風空の五巻である。兵法を学ぼうと思う人には、兵法を学ぶ掟がある。 第一 実直な正しい道を思うこと 第二 鍛錬すること 第三 様々な芸にふれること…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【転載】 2013年版 人間を幸福にしない日本というシステム

週刊ポスト1.11号にアムステルダム大学名誉教授のカレル・ヴァン・ウォルフレン氏の総選挙結果を受けての緊急寄稿が掲載されています。 以下、週刊ポスト様より。 2013年版 人間を幸福にしない日本というシステム 「官僚」を誰も制御できない 自民党勝利の前から、「政権交代」は起きていた――それが私の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【S'pore Corp.】 日本はシンガポールを見習うべきか? 【商業主義】

日本を上回る豊かさを実現したシンガポールは実にユニークな国家である。 産業競争力、一人あたりのGDP、政府の効率性、住環境、教育等多くの指標において世界のトップランナーである。閉塞感が強まる日本では”シンガポールに学べ”という掛け声をよく聞く。日本維新の会の橋下市長も大阪をシンガポールのようにリノベーションしなければいけないと主張して…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more